債務承認弁済契約サンプル


各契約の内容について、簡易分の債務承認契約書サンプルを紹介しています。
事後のトラブルの予防を可能な限り行うためには、書面への記載事項を考えながら、それぞれの契約内容に適した書面を作成したほうが良いでしょう。

債務承認弁済契約は、例えばもともとの契約書がなく金銭の貸し借りをしていた場合や売掛債権を条件を取り決め弁済していく等で作成します。
準消費貸借と内容はほぼ同じものとなります。 当事者が予め合意でき、不安定な権利関係を明確にしたいときはこの契約で対応できます。

契約書サンプルの使用は、内容を十分ご理解の上、利用者様の責任においてご使用下さい。
当事務所では一切の責任を負いかねますので予めご了承お願い致します。

債務承認弁済契約/見本


債務承認弁済契約

債権者     (以下「甲」という。)と債務者    (以下「乙」という。)、
連帯保証人    (以下「丙」という。)は、次の通り債務承認弁済及び連帯保証契約を締結した。
第1条
乙は、甲に対し、平成 年 月 日現在にて、平成 年 月 日付締結・・・・・契約に基づく 甲への未払債務金  ,000,000円を負担していることを承認し、乙は、これを以下の条項に基づき履行する旨を述べ、甲はこれを承諾した。
第2条
乙は、次の事項を履行することを約した。
1 元金は、平成  年  月末日限り金  ,000,000円を一括して支払う。
2 利息は、年    パーセント(起算日:平成 年 月 日)と定め、毎月月末限り支払う。
なお、支払に要する費用は乙の負担とする。
3 前記の各金員は、甲の指定する方法で支払う。
第3条 
乙は、本契約による債務の履行を遅滞したときは、その遅滞中年  %の割合による遅延損害金を支払うものとする。
第4条
乙において、次の一に該当したときは、弁済期限の利益を失い、ただちに未済債務金全額を一時に完済するものとする。
1 自己振出にかかる手形、小切手が不渡りとなり、もしくは手形交換所から不渡処分を受けた時。
2 他の債務につき、差押、仮差押、仮処分を受け、あるいは、破産・競売・民事再生・会社再生手続きの申し立てを受けたとき。
3 他の債務につき、自ら、破産・競売・民事再生・会社再生手続きの申し立てをしたとき。
4 甲に通知なく乙が住所を変更したとき。
第5条
1 丙は、本契約記載の乙が甲に対し負担する一切の債務を保証し、乙と連帯して支払う。
2 連帯保証人に第4条に定める事由が発生した場合、乙は直ちに甲に通知すると共に、甲の承諾する連帯保証人の追加あるいは連帯保証人の変更、物的担保の追加をしなければならない。
3 丙は、連帯保証債務の履行により乙に対して取得する求償権が、甲の乙に対する債権に劣後することを承諾し、乙の甲に対する債務の履行が涵養するまで当該求償権を行使しない。乙の甲に対する全債務の履行完了前に求償債務の履行を受けた場合は即時甲へ引き渡すものとする。
第6条
乙及び丙は、本契約を強制執行認諾文言付の公正証書とすること並びに公正証書作成に係る費用は乙が負担するものとすることにつき同意する。
第7条
甲、乙及び丙は、本契約に関し紛争を生じたときは、その第一審裁判所を○○地方裁判所とすることにつき合意した。
以上のとおり債務承認弁済契約が成立したのでこれを証するため本契約書を作成し、甲が原本を乙及び丙が写しを所持する。

平成  年  月  日
甲)
住所
氏名             印

乙)
住所
氏名             印

丙)
住所
氏名             印
----sample/sample/sample----

point

簡易的なサンプルです。
債務承認弁済契約は、いわゆる仕切り直しで一定条件を定め債務を履行していくものです。
ポイントは「債務承認」で、現時点の債権額を明確にし、その承認をするというところです。
一方債権者としては、おそらく現時点では一括して弁済を求めるところを新たな条件で弁済してくことを承認するものとなります。


↑ PAGE TOP